アカゲラ Ⅶ

この日現地に行くと何時もより早くアカゲラは巣穴付近に帰っていた。
わからずに近ずくと遠くに飛ばれてしまった。しばらく待つとやはり声が聞こえてきた。
この日はオスだけが見えた。雌のアカゲラは遠くの樹に居るみたいだったが一向に姿は見えなかった。

アカゲラ

アカゲラ

アカゲラ

アカゲラ

アカゲラ

アカゲラ

アカゲラ

アカゲラ

アカゲラ

アカゲラ

アカゲラ

アカゲラ

アカゲラ

アカゲラ

アカゲラ

アカゲラ

アカゲラ

ヤマセミ Ⅳ 水浴び飛び込み

ヤマセミが夕ぐれ時川の上流から帰ってきた。
偶然目の前の水没した木の枝が水面に出ているところに止まり、飛び込みを始めた。
数回の飛び込みを見ることができた。ヤマセミは水浴びが日課のようだ。

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ Ⅲ 

遠い枝先に止まり雄の帰りを待つヤマセミ雌。時折近くに来てくれる。
待つ間に飛び見込み、羽の手入れ。飛ぶのは枝被りの裏、なかなか撮影させてくれません。

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

カワガラス 巣立ち後

今季のカワガラスの巣立ちは早く見ることができなかった。巣立った子供たちが見れるかもしれないと思い川筋を探した。
巣のあった上流には離れて4羽の子供達を見ることができた。一番子は飛び回って写すことができなかった。
二番子は上流で少しづつ飛び回っていた。三番子は滝の下にいて親にエサをねだっていた。
四番子はまだあまり飛べなく滝の岩に長く留まっていた。(巣から遠くにいる子供を順に一番子と表記)
親 雄雌
カワガラス

カワガラス

カワガラス

カワガラス
以下四番子
カワガラス

カワガラス
以下三番子
カワガラス

カワガラス

カワガラス

カワガラス

カワガラス

カワガラス
以下二番子
カワガラス

カワガラス

カワガラス

カワガラス

ミソサザイが見たい

ミソサザイが見たいと思い川筋を歩いた。居たいた。やはりか可愛い鳥だ。
久しぶりなのでミソサザイが動きが速い。一度だけ近いところに出てくれた。
今季初撮影ができた。今は地鳴き、もう直ぐ良い声で鳴く時期が来るでしょう。

ミソサザイ

ミソサザイ

ミソサザイ

ミソサザイ

ミソサザイ

ミソサザイ

ミソサザイ

ミソサザイ

ミソサザイ

ミソサザイ

ミソサザイ

ミソサザイ

ミソサザイ

ウミアイサ

ウミアイサが近くにいるらしいとのことで久しぶりに海岸に行く。
近くで動くのですが今回は飛ばなかった。今回近くで撮影できたので初アップとなりました。

ウミアイサ

ウミアイサ

ウミアイサ

ウミアイサ

ウミアイサ

ウミアイサ

ウミアイサ

ウミアイサ

ウミアイサ

ウミアイサ

ウミアイサ

ウミアイサ

ウミアイサ

ウミアイサ

ウミアイサ

オオタカ幼鳥カラスを捕まえる

何時もカラスに着きまとわれているオオタカだが、時としてカラスを捕まえる。
夕暮れ時によくみられる場面で、この池のタカの主食はカラスとなってしまった。
最近はタカの数も少なく成鳥が2羽幼鳥が2羽位となっている。 (伊丹市 昆陽池)

オオタカ ヨウチョウ

オオタカ ヨウチョウ

オオタカ ヨウチョウ

オオタカ ヨウチョウ

オオタカ ヨウチョウ

オオタカ ヨウチョウ

オオタカ ヨウチョウ

オオタカ ヨウチョウ

オオタカ ヨウチョウ

オオタカ ヨウチョウ

オオタカ ヨウチョウ

オオタカ ヨウチョウ

オオタカ ヨウチョウ

オオタカ ヨウチョウ

オオタカ ヨウチョウ

オオタカ ヨウチョウ

アカゲラ Ⅵ 

この日アカゲラの雌がこの谷あいの樹を叩いていた。何時もは遠いところにいるのだが今日は近くにいた。
撮影し始めると運よく木立が離れている場所だったため飛び出しを写すことができた。
すぐに雄も今日は早く谷合に帰ってきたみたいだ。写真には雄雌が写っています。

(アカゲラは画面右カテゴリ欄 アカゲラをクリックすれば見ることができます)

アカゲラ

アカゲラ

アカゲラ

アカゲラ

アカゲラ

アカゲラ

アカゲラ

アカゲラ

アカゲラ

アカゲラ

アカゲラ

アカゲラ

アカゲラ

アカゲラ

アカゲラ

アカゲラ

イカル 良い声で鳴いている

良い声で鳴いている鳥がいる。木立の上を見るとイカルだ。
久しぶりに撮影した。口ばしの黄色が印象的な鳥だ。

イカル

イカル

イカル

イカル

イカル

イカル

イカル

イカル

イカル

イカル

イカル

イカル

イカル

トラツグミ Ⅲ 

人影を見るとすぐに隠れるトラツグミだったがようやく出てきて写すことが出来た。
今年出会ったトラツグミの中で最も警戒心の強い鳥だったが、木の上に乗ってくれたり
地面の草木の間に降りたり色んなシーンを見せてくれた。
トラツグミ

トラツグミ

トラツグミ

トラツグミ

トラツグミ

トラツグミ

トラツグミ

トラツグミ

トラツグミ

トラツグミ

トラツグミ

トラツグミ

トラツグミ

トラツグミ

トラツグミ

トラツグミ

ヤマセミ Ⅱ

夕暮れ時、山陰になりやすい場所に帰って来るヤマセミを写す。
この日で2度目の訪問。運よく目の前の近い枝に2度も止まってくれた。
ヤマセミは何度見ても飽きない鳥だ。

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

ヤマセミ

オオジュリン

オオジュリンが見られるようになってきた。黒い顔をしているオオジュリンも居ます。
これからもっと黒くなるでしょう。風が吹くと直ぐに葦の下に隠れてしまう。
すき間に鳥全体が見える時に写すのですがなかなか上手くいきません。

オオジュリン

オオジュリン

オオジュリン

オオジュリン

オオジュリン

オオジュリン

オオジュリン

オオジュリン

オオジュリン

オオジュリン

オオジュリン

オオジュリン

オオジュリン

オオジュリン

オオジュリン

オオジュリン

バナー

fc1カウンター
プロフィール

tatsuch

Author:tatsuch
私のブログへようこそ!2012年1月に開設しました。スタートはカワセミからの写真登録です。6年目に入りました。今はタカ撮影に夢中です。新たな出会いを期待し続けます。拍手・コメント欄をクリック 拍手・ご感想をお書きください。

フリーエリア
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR